ED治療薬のバイアグラを服用して得られる効果

ED治療の基礎知識

処方ならマリンクリニック
上野 バイアグラ 処方

EDすなわち勃起不全とは、性行為をしようとしても男性器が勃起しなかったり、勃起状態が持続できないといった症状です。その原因には年齢やストレス、病気、生活習慣など様々な理由があります。しかし、男性の状態を見れば、海綿体に血液が流れていないということなので、それを改善することで治療が可能です。治療に用いられるED治療薬の代表的なものがバイアグラ です。日本では1999年に承認、及び発売が開始されて流通している薬ですが、現在特許が終了して同じ成分のジェネリック薬も発売されています。

バイアグラの主成分はシルデナフィルで、ホスホジエステラーゼ タイプ5の働きを阻害する効果があります。このホスホジエステラーゼ タイプ5というのは、勃起をするために必要な整体な伝達物質サイクリックGMPを分解してしまうもので、EDにとっては邪魔になる物質です。もしこものホスホジエステラーゼ タイプ5の働きを阻害すれば、サイクリックGMPが働いて男性器の海綿体にある海綿体平滑筋を弛緩させて、血液を流し入れて勃起状態に導きます。誤解をする人が多いのですが、あくまでも勃起をさせる薬であり、性的に興奮を覚える媚薬というわけではありません。また、体質というのは人それぞれ違いますから、薬を服用しての効果にもバラつきが出ます。バイアグラを服用した場合はおよそ7割から9割の人に効果があったという臨床試験の結果が出ています。



ED治療の役割 ED治療の効能と副作用